ジャパンメンテナンスアンドリペア株式会社  
 
海外貿易の流通手段として必要不可欠な海上コンテナを低コストで円滑に 運用できるように、 迅速かつ丁寧にコンテナメンテナンスをしております。また、 コンテナ修理サーベィも承ります。(日本コンテナ・ターミナル株式会社のノウ ハウを継承し、通算40年以上の実績です)


コンテナメンテナンス場所
日本郵船東京コンテナターミナル内、日本郵船大井バンプール
日本郵船神戸コンテナターミナル内、日本郵船六甲バンプール

 

長期間反復使用に耐える十分な強度をもつこと。
    途中で内部の貨物を積み替えないで、各輸送機関にまたがって貨物を輸送できるように特別に設計されていること。  
    一つの輸送機関から他の輸送機関へ積替えを容易にする装置を備えていること。  
    貨物の積込みおよび取出しが容易であるように設計されていること。    
    内容積が1u以上であること  
       
     
     
ドライコンテナ オープントップコンテナ
フラットラックコンテナ タンクコンテナ
 CRn?C¢caCICπ